毛穴開き対策

毛穴の開き対策

毛穴の大きさは生まれつき。でもこうすれば開きを防止する事ができます!

顔の毛穴の開きは誰でも気になるものです。年齢を重ねれば重ねるほど毛穴が目立ってくる気がして、悩んでいる方、改善したい方は沢山いらっしゃることでしょう。そんな毛穴の悩みについて考えてみたいと思います。

 

どんなにお手入れしても毛穴の目立つ人と、何もしなくても目立たない人がいます。その違いは男性ホルモンの影響が関係しています。
思春期になると男女問わず男性ホルモンの分泌が始まります。皮脂腺の成長には男性ホルモンが大きく関係しており、皮脂腺が大きくなればなるほど毛穴が目立つ肌になるのです。男性ホルモンが少なくて皮脂腺の発育が悪い人は毛穴が目立たないのです。

 

これがもともとの毛穴の大きさを決定しているのです。男性ホルモンの多い少ないは遺伝によるものですから、生まれる前から決まっていいる為に、こういった遺伝的な毛穴の大きさは、お手入れで改善できるものではありません。

 

また人の身体の中でも顔は一番皮脂腺が多く存在しているために、他の部分に比べて顔の毛穴が目立つのです。
では毛穴のお手入れをする方法は全くないのでしょうか。いえ、そうではありません。毛穴にはもともと皮脂が詰まっているのですが、この皮脂が過剰に分泌されて毛穴をふさぎ、毛穴の周りの角質が硬くなると毛穴が黒ずんで目立ってきます。

 

これを防ぐには角質をコントロールする必要があるのです。そのためには、ピーリング化粧品や酵素洗顔料などを使い、固くなった角質を落とすと効果があります。乾燥などにより角質が硬くなり、毛穴の周りがふさがれて詰まりやすい状態になっている人にお勧めの方法です。毛穴の周りの皮膚が柔らかくなることで、毛穴が目立たなくなってくるのです。

 

また加齢による毛穴のたるみから開きが気になる場合も原因の一つです。これは「たるみ毛穴」や「涙毛穴」と呼ばれる症状で、やがてたるみ毛穴がつながることで、しわになっていきます。毛穴開きも簡単に防止できる。

 

この場合の対処法としては、コラーゲンを補うことが一番効果があります。コラーゲンの現象に伴って毛穴の周りを支える力が弱くなることが原因で、コラーゲンに加え、レチノールやピーリング剤を使用して、お肌の弾力を取り戻しましょう。加齢からくるお肌の老化、またそれによって引き起こされる毛穴の開きは普段から気をつけることである程度の予防は可能なのです。

 

また規則正しい生活をして身体の調子を整える事も大切ですし、たばこを1日に1箱以上吸う人も場合も通常より毛穴が開くと言われています。たばこを吸うと血行が悪くなりお肌の毛細血管にまで血流が行き渡らなくなり、お肌の新陳代謝が阻害されることが原因なのです。

 

毛穴の改善には血行促進は大切なことで、それは化粧品だけではなく、食生活の見直しや十分な睡眠をとること、出来るだけストレスをためない生活習慣を身に着けることも大切なのです。元々の毛穴の大きさを変えることは出来ませんが、更に広がっていくことは防ぐことが出来るのです。